スクエアダンスとは?




スクエアダンスは、4組のカップルが1セットになって、Caller(コーラー)の指示に従って踊るダンスです。
スクエアダンスの発祥は、17世紀初期にヨーロッパからアメリカに移住した人々が、イギリスのコントラダンスやフランスのカドリールを変化させて創り上げたといわれています。

第二次世界大戦後約10年の間に、スクエアダンスから現在踊られているモダンスクエアダンスに改良されました。
日本では、 終戦後に進駐軍民間教育担当官のニブロ氏によって、アメリカで生まれた楽しいフォークダンスの一種として紹介されています。
その後瞬く間に、日本各地で踊られるようになりました。
アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、オランダ、スウェ一デン、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、台湾、韓国、日本など、現在はどこの国でも踊られています。
国際スクエアダンスコーラーズ協会(CALLERLAB)では、世界中どこの国でスクエアダンスを習ったとしても、どこの国でも踊ってよいと定めています。

スクウェアダンスでは、いくつかの基本的な動作(コール)を覚えなければいけません。
しかし、特殊なポーズやすばやい動きなど、特に訓練を必要とするものではありません。
普通に歩くことができれば、スクウェアダンスを踊れます。
ですから、ダンサーの年齢、性別、体型、大きさなどの制約はありません。
動作(コール)を習得しさえすれば、初対面のメンバー同士でも踊れます。
カントリー&ウエスタン、ブルーグラスの音楽にのってスクエアダンスを踊れば、素敵な出会いが期待できるでしょう。

ヒップホップダンス




ヒップホップダンスは、ストリートダンスの中の1つです。
ヒップホップ系のダンスミュージックや、R&Bの曲のアップダウンのリズムにのって踊ります。
特に決まりはなく、運動神経や特別な技術がなくても気軽に音楽にのって楽しめます。
バレエ、ジャズ、タップ、ダンスホールレゲエ、民族舞踊など、さまざまなダンスの要素が取り入れられているのがヒップホップダンスです。
特に有名なものには、ブレイクダンスがあります。

日本におけるヒップホップダンスは、言葉の壁がなく、ダンスがビジュアルインパクトを持った文化であったため、言葉の壁も文化的壁も厚かったラップに比べて理解されやすいものでした。
1970年代に人気を博したソウルダンスには、大勢の人が熱中しました。
その中で話題となったのが「大阪のテディー団」で、世界ディスコダンスコンテストで3位になりました。
ソウルダンスは、後の日本のダンス文化の基盤になったといえるでしょう。

ヒップホップを日本の大衆に紹介したのは、映画「フラッシュダンス」でした。
この映画はヒップホップダンスの映画ではありませんでしたが、その一部に出てくる子供たちが、路上でブレイキングやポッピングをするシーンがありました。
その数秒のシーンに衝撃を覚え、ブレイクダンスを始める人がたくさんいたのです。

その後、日本にはニュースクールの新しい波がやってきました。
ボビーブラウン、BBD、ガイといったアーティストの、R&Bとヒップホップの融合のような音楽が流行りだしました。
そのビデオの中に出てくる新しいステップ系の踊りが、日本の若者のハートをつかみました。
「DA DA LMD」(TV朝日)、「ダンスダンスダンス」(フジTV)、「たけしの元気がでるTV」のコーナー「ダンス甲子園」などのTV番組が人気となり、ティーンエイジャーを中心にヒッピホップダンスが爆発的ブームになりました。

サルサダンスとは?




キューバ音楽を聴いたことはあるでしょうか。
サルサは、このキューバ音楽のソン(ルンバ)が米国で発展し、そしてサルサとなって、音楽にペアーダンスが盛り込まれました。
現在、サルサは全米のナイトクラブで広まっています。
特に西海岸やフロリダ、NYで人気があります。
しかし白人社会においては、サルサを愛するラテン系移民とは一線を引いているので、白人男性にはあまりみられません。
しかし、白人の女性はサルサをエスニックと考え、興味を持って郊外やビーチで遊んでいます。
最近は日本でも、サルサとカリブの南国風景がテレビに映し出されたり、CMに使われたりしています。

サルサは、官能的なペアーダンスとして認知されています。
サルサのニューヨークスタイルは『On2サルサ』ですが、今NYのサルサクラブやダンススタジオでよく踊られるのは、クラブサルサと呼ばれる『サルサダンス』です。
NYスタイルサルサのルーツは、1950年代のマンボ時代です。
Tito Puente, Machito, Tito Rodoriguez などのうち、誰が一番客を踊らせることができるかを競い合っていました。
それが Palladium Era の時代です。
そして、その時代にマンボステップが生まれました。
オリジナルマンボステップは、1をホールドして、234・678とステップします。
しかし、この時代はいろいろなステップがありました。
ダンサーたちは、ステップを自分だけのものにして、人には教えたがらなかったのです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。