ヒップホップダンスとは?




ヒップホップの文化は、1960年代後半から1970年代のアメリカのニューヨークにおいて、アフロ・アメリカンやヒスパニック系のコミュニティによって行われていたブロックパーティーから生まれました。
文化から派生したサンプリングや打ち込みを中心としたバックトラックの上で、MCが韻を踏んでいく音楽形態を hiphop と一般に呼んでいます。
しかし、本来は『ヒップホップ・ミュージック』あるいは『ラップ・ミュージック』と呼ぶのが正しいのです。
フィットネスにおいては、『HIPHOP=ブラックミュージツクで踊るダンス』として考えられています。

HIPHOP とは、黒人文化そのものをさす言葉です。
その文化には、以下のものがあります。
(1)音楽・・・具体的にはラップなどを使った音楽。
        1960年代から変化している。
(2)舞踊・・・いわゆるダンス。黒人はダンスを習うほど豊かではなか
        ったので、ストリートダンスが主。
(3)絵画・・・グラフイカルアートといい、壁にスプレーで絵を描く。
(4)DJ・・・・クラブDJのルーツで、レコードを回すこと。
        スクラッチなどの技術が生まれた。

どれか一つが HIPHOP というのではなく、これら全てが HIPHOP なのです。
言葉の意味としては、「自分だけの」「オリジナルの」といったことが含まれています。
ですから、自分で「これがHIPHOPだ!」と思えば、それが HIPHOP だということです。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60781197
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。