ダンスに必要な用品は…




ダンスを始めるにあたり、まず初めに必要なのは『ダンスシューズ』です。
ダンスシューズと普通の靴とは、全く違います。
ダンスシューズは、底が柔らかい革になっています。
フロアに優しく、滑りにくくなっているのです。
では、どのようなダンスシューズを買えばよいのでしょう?

何の種目を踊るのか(ワルツなのか、ルンバなのか、一応何でも踊るのか)によって、選ぶシューズは違ってきます。
ワルツなどモダン(スタンダード)の種目では、つま先が閉じていて、足全体を包む形のシューズを履きます。
ルンバなどラテンの種目では、つま先が開いていて、激しい脚の動きに適したシューズを履きます。
シューズのサイズは、パンプス型のスタンダードシューズなら、普段とほぼ同じものがよいでしょう。
サンダル型のラテンシューズは、スタンダードシューズよりも半サイズ小さ目がよいでしょう。
ヒールの高さは、初心者には5.5cmヒールがおススメです。
普段からハイヒールを履いていてかかとの高い靴に慣れている方なら、7cmでもよいでしょう。
しかし、普段ローヒールを履いている人が急に7cmを履くと不安定になります。
そういう方は、慣れてから7cmヒールにするとよいでしょう。
7cmヒールは足が綺麗に見えますし、ヒールを使うターンもうまくいきます。

次に、ダンスにはどんなウエアを着たらよいでしょうか?
初心者は、レッスン中にステップなど足の様子を先生によく見て頂けるように、ロングまでいかない少し短い丈のスカートがよいでしょう。
色は黒が無難です。
周りから浮かず、コーディネートしやすい色だからです。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60785064
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。