アニメーションダンスとは?




ポッピングの中で、動きの不思議さにこだわったスタイルが、アニメーションダンスです。
アニメーションダンスには、以下のスタイルを始めとしてさまざまなものがあります。
・フローティング・・・マイケルジャクソンのムーンウォークで有名
・スローモーションの動き・・・映画マトリックス(Matrix)のような動き
・ウェーブ・・・身体に波を通す動き
・ティキング・・・ビデオのコマ送りのような動き
・ロボットやマリオネット・・・パントマイムでおなじみの動き
・歌舞伎の人形振り・・・文楽人形になりきって踊る歌舞伎の演目
まだまだ数え切れないくらいのスタイルがあります。

アニメーションの由来は、クレイアニメやカートゥーンアニメのアニメ(=アニメーション)です。
クレイアニメーションは、粘土の人形を1コマごとにポーズを変えて、まるで生きているように演技させます。
カートゥーンアニメーションは、有名なトムとジェリーなどの昔ながらのアメリカアニメです。
アニメーションダンスは、これらのアニメに登場する人気キャラクターの個性的な動きを真似ることから始まりました。
そして、映画やアニメを参考にしてダンサー独自のスタイルが探求されるようになりました。
日本ではアニメの影響よりも、映画『ブレイクダンス』『ワイルドスタイル(WILD STYLE)』『フラッシュダンス』など、ダンスをテーマとした映画の影響が大きいようです。
アニメーションダンスは、ポップ、ウェーブ、ムーンウォークなどをミックスした「不思議なダンス」といえます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60928465
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。