コンテンポラリー・ダンスとは?




コンテンポラリー・ダンスは、フランス語「ダンス・コンテンポランヌ」を英訳したものです。
コンテンポラリー・ダンス発祥の地は、1980年代前半のフランスです。
『コンテンポラリー・ダンス』と日本語の『現代舞踊』と『コンテンポラリー・バレエ』とは似ていますが、異なるものですので注意してください。

1970年代後半のフランスでは、国策として大きな文化予算が組まれるようになりました。
その一環として、舞踊部門にも積極的に資金が投下されました。
まず、アンジェの国立フランス現代バレエ団(CNDC)の設置がありました。
そして現代舞踊部門が、首都パリのオペラ座にも設置されました。
その指導者として、フィンランド系アメリカ人ダンサーのカロリン・カールソン(Carolyn Carlson)が招聘されました。
カールソンの新しい振り付けは、大きな衝撃をもって受け入れられました。
このカールソンこそが、コンテンポラリー・ダンスの母だと言われています。

コンテンポラリー・ダンスは、マース・カニングハムたちが創り上げたポスト・モダンダンスが元になっています。
しかし、その定義は曖昧です。
ドイツの『タンツテアター』、日本の『暗黒舞踏』、『ストリートダンス』、『ヌーボーシルク(現代サーカス)』、各国の『エスニック・ダンス』、武術の型、映像やコンピューターなどの機材をつかった実験的パフォーマンスなど、非古典的かつ前衛的で時代の先端を体現していると考えられる「ダンス作品」および「ダンステクニック」を指しています。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60929069
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。