サルサダンスとは?




キューバ音楽を聴いたことはあるでしょうか。
サルサは、このキューバ音楽のソン(ルンバ)が米国で発展し、そしてサルサとなって、音楽にペアーダンスが盛り込まれました。
現在、サルサは全米のナイトクラブで広まっています。
特に西海岸やフロリダ、NYで人気があります。
しかし白人社会においては、サルサを愛するラテン系移民とは一線を引いているので、白人男性にはあまりみられません。
しかし、白人の女性はサルサをエスニックと考え、興味を持って郊外やビーチで遊んでいます。
最近は日本でも、サルサとカリブの南国風景がテレビに映し出されたり、CMに使われたりしています。

サルサは、官能的なペアーダンスとして認知されています。
サルサのニューヨークスタイルは『On2サルサ』ですが、今NYのサルサクラブやダンススタジオでよく踊られるのは、クラブサルサと呼ばれる『サルサダンス』です。
NYスタイルサルサのルーツは、1950年代のマンボ時代です。
Tito Puente, Machito, Tito Rodoriguez などのうち、誰が一番客を踊らせることができるかを競い合っていました。
それが Palladium Era の時代です。
そして、その時代にマンボステップが生まれました。
オリジナルマンボステップは、1をホールドして、234・678とステップします。
しかし、この時代はいろいろなステップがありました。
ダンサーたちは、ステップを自分だけのものにして、人には教えたがらなかったのです。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。