ヒップホップダンス




ヒップホップダンスは、ストリートダンスの中の1つです。
ヒップホップ系のダンスミュージックや、R&Bの曲のアップダウンのリズムにのって踊ります。
特に決まりはなく、運動神経や特別な技術がなくても気軽に音楽にのって楽しめます。
バレエ、ジャズ、タップ、ダンスホールレゲエ、民族舞踊など、さまざまなダンスの要素が取り入れられているのがヒップホップダンスです。
特に有名なものには、ブレイクダンスがあります。

日本におけるヒップホップダンスは、言葉の壁がなく、ダンスがビジュアルインパクトを持った文化であったため、言葉の壁も文化的壁も厚かったラップに比べて理解されやすいものでした。
1970年代に人気を博したソウルダンスには、大勢の人が熱中しました。
その中で話題となったのが「大阪のテディー団」で、世界ディスコダンスコンテストで3位になりました。
ソウルダンスは、後の日本のダンス文化の基盤になったといえるでしょう。

ヒップホップを日本の大衆に紹介したのは、映画「フラッシュダンス」でした。
この映画はヒップホップダンスの映画ではありませんでしたが、その一部に出てくる子供たちが、路上でブレイキングやポッピングをするシーンがありました。
その数秒のシーンに衝撃を覚え、ブレイクダンスを始める人がたくさんいたのです。

その後、日本にはニュースクールの新しい波がやってきました。
ボビーブラウン、BBD、ガイといったアーティストの、R&Bとヒップホップの融合のような音楽が流行りだしました。
そのビデオの中に出てくる新しいステップ系の踊りが、日本の若者のハートをつかみました。
「DA DA LMD」(TV朝日)、「ダンスダンスダンス」(フジTV)、「たけしの元気がでるTV」のコーナー「ダンス甲子園」などのTV番組が人気となり、ティーンエイジャーを中心にヒッピホップダンスが爆発的ブームになりました。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60929900
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。