スクエアダンスとは?




スクエアダンスは、4組のカップルが1セットになって、Caller(コーラー)の指示に従って踊るダンスです。
スクエアダンスの発祥は、17世紀初期にヨーロッパからアメリカに移住した人々が、イギリスのコントラダンスやフランスのカドリールを変化させて創り上げたといわれています。

第二次世界大戦後約10年の間に、スクエアダンスから現在踊られているモダンスクエアダンスに改良されました。
日本では、 終戦後に進駐軍民間教育担当官のニブロ氏によって、アメリカで生まれた楽しいフォークダンスの一種として紹介されています。
その後瞬く間に、日本各地で踊られるようになりました。
アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、オランダ、スウェ一デン、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、台湾、韓国、日本など、現在はどこの国でも踊られています。
国際スクエアダンスコーラーズ協会(CALLERLAB)では、世界中どこの国でスクエアダンスを習ったとしても、どこの国でも踊ってよいと定めています。

スクウェアダンスでは、いくつかの基本的な動作(コール)を覚えなければいけません。
しかし、特殊なポーズやすばやい動きなど、特に訓練を必要とするものではありません。
普通に歩くことができれば、スクウェアダンスを踊れます。
ですから、ダンサーの年齢、性別、体型、大きさなどの制約はありません。
動作(コール)を習得しさえすれば、初対面のメンバー同士でも踊れます。
カントリー&ウエスタン、ブルーグラスの音楽にのってスクエアダンスを踊れば、素敵な出会いが期待できるでしょう。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60930134
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。